視能訓練士ママdiary

子育ての気づきや眼科のマ目知識を発信

【小児の近視進行予防にはマイオピン点眼薬が有効。】効果や適用年齢は?副作用はある?

【最終更新日:2019年4月20日】

 

こんにちは。

視能訓練士でワーキングマザーのぱんだこ(id:hareruyatan)です(*´*)

 

皆さん、近年子供の近視進行予防に、マイオピン点眼薬という目薬治療が推奨されているのをご存知ですか??

 

・両親が近視なので子供の近視進行が心配

・今現在近視で眼鏡やコンタクトを使用しているが度の進行を遅らせたい

・副作用が少なく近視進行を予防できる方法を探している

・少しでも近視抑制効果があるなら使用してみたい

 

 

というお子さんにとてもおすすめなので、詳細をまとめました。

近視進行を少しでも遅らせたいお子さんをお持ちのパパ、ママの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

f:id:hareruyatan:20190420230515j:plain


マイオピンとは

 

マイオピン点眼薬(0.01%アトロピン)は近視の進行を軽減させる目薬のことです。

 

同薬剤1%アトロピンは以前より近視治療に用いられていましたが、副作用が多く、あまり使用されませんでした。

 

マイオピンはシンガポール国立眼科センターの研究に基づき開発され、最適な超低濃度のアトロピンを用いることで近視の進行スピードを抑えることができます。

 

シンガポール国立眼科センターの臨床試験では、近視の抑制効果が証明されています。

近視の進行が完全にストップするわけではありませんが、2年間継続して使用することで、何もしない場合と比べおよそ60%近視の進行を抑制できます。

 

f:id:hareruyatan:20190420230534p:plain



 

日本でも7大学(旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、慶応大学、筑波大学、日本医科大学)で臨床研究が始まっています。

 

マイオピンは海外で作られた点眼薬を輸入してお渡ししていますので、自由診療(保険外)となります。

(→これは、どこの病院でも共通で、現在すべてのマイオピン点眼液はシンガポールより直輸入しています。)

 

何故小児に近視抑制が重要なのか

 

f:id:hareruyatan:20190420230704j:plain

 

小児の近視は、上記の図のように眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピントの位置がずれることによって、生じるケースが多くあります。

近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと二度と戻りません。そのため眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するために重要となります。

ー6D以上の近視の場合、緑内障や網膜剥離などの失明につながる眼病を発症する可能性が高く、WHOが強度近視を『失明原因の5大疾患』として指定しています。

小児のうちに近視の進行を遅らせて、強度の近視とならないように予防することがとても重要です。

 

 

マイオピンの安全性に関して

 

シンガポール国立眼科センター(SNEC)のマイオピン(アトロピン0.01%)点眼薬を2年間継続した研究結果の安全性については、以下の報告がありました。


1. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
2.眼圧に影響を与えないとの報告でした。
3. 白内障を形成するとの報告はありませんでした。
4.点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
5.電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

 

 結果、重篤な副作用は皆無であり、自由診療ながら日本では多くの眼科医療機関にて取り扱われています。

 

 

 

マイオピンの効果

 

マイオピンを点眼することで、近視の進行速度が約60%になり、メガネの度の進行を遅らせます。

 

近視が治ったり、進行が止まるわけではありません。

近視は成長に伴い進みます(メガネの度が進みます)ので、その点は治療前に理解しておく必要があります。

通常よりも近視の進み具合が緩やかになると思ってもらえるといいと思います。

 

また、1度開始すると効果がしっかり分かるまでに2年間以上の使用が必須となります。私の勤務する病院でも、治療を始めて半年ほどで来なくなってしまう患者さんが時々いらっしゃるのですが、費用もかかる治療なので、一度開始したら継続できるよう決意をもって治療に臨む必要があります。

毎日点眼するのも、根気がいる作業ですので、お子さんの協力も不可欠です。

 

マイオピンの副作用

 

アトロピンは瞳孔を広げ、調節(近くを見ること)を麻痺させる効果のあるので、超低濃度のマイオピンでも6-7時間は見えにくく感じます

寝る前に点眼するので、起床時に見えにくさが残っている場合はあります。

 

まれに結膜炎、眼瞼炎を起こすことがありますので、目が赤くなるようならすぐ通院中の眼科医療機関を受診して下さい。

アトロピン自体には以下のようなものが知られています。

発熱、口がかわく、はきけ、顔が赤くなる、頭痛、動悸など。

ただ、超低濃度のため、マイオピン使用による上記の全身的な副作用は皆無です。

 

適応となる人

 

主に6才から12才の軽度~中等度以下(基本的にはー0.50D~-6.00Dまで)の近視の方が対象です。

 

12歳くらいまでの患者さんは、治療することで効果が期待できます。

しかし、20くらいまでは近視は進行するので、13歳以上の場合であっても、

20歳くらいまでの方は点眼継続する意味があると思われます。

13歳以上の場合には、対象眼科医療機関受診後、医師と相談の上治療の可否を決めることとなります。

 

近視は遺伝的な要因もあり、両親が近視の方は特に有用です。

 

点眼回数

 

 11回就寝前点眼してください。

 

使用期限

 

容器に記載されています。

封を開けたら1ヶ月で新しい瓶に代えて下さい。(細菌感染予防のため)

1日位階の使用で、1か月でちょうど1本使い切れるようになっています。

 

目薬使用期限に関する過去記事はこちら↓

 

www.hareruyatan.work

 

 

お値段は・・・?

 

 

マイオピン治療は自由診療のため、施設ごとに値段が異なります。

(※自由診療とは・・・公的医療保険が適用されない診療のこと。診療を行う人と、医療機関との間で自由に個別契約を行い、その契約に基づいて値段決定や診療を行うことができる)

 

詳しくはお近くの対象眼科医療機関にお問い合わせください。

 

参考までに、私の勤務する病院では

 

〇初回診察時(マイオピン1本含む)   :10000円(1ヶ月以内に視力測定している場合は5000円)

〇点眼一週間後(マイオピン1本含む):5000

定期検査(マイオピン3本含む)       :10000

薬のみ(3本まで)                          : 13000円(税込)

         (半年に一度は検査を受けて頂かないと処方できません)

 

という値段設定で診療を行っています。

屈折値や眼軸長の経年変化をみるために、基本的には3か月に一度の来院をお願いしています。

 

 

 

 

 

マイオピン以外の近視進行予防法は?

 

 

小児の近視抑制の治療法として、オルソケラトロジーという治療法もあります。

 

オルソケラトロジーに関しての記事はこちら↓

 

www.hareruyatan.work

 

 

マイオピンとオルソケラトロジーは併用可能です。

(成人の屈折矯正手術ではレーシック手術もあります。これも次回以降記事にしたいです。前回リクエストいただいています。ありがとうございます^^)

 

医療費控除の対象?

 

マイオピン治療は、眼鏡やコンタクトレンズのように視力矯正ではなく、治療扱いとなるため、医療費控除の申請対象となっています。

(必ず領収書をもらって保管してください)

 

 

参考:

https://www.myopine-eyelens.sg/myopine-jp

 

 

終わりに

 

実は私自身、強度近視でコンタクトと眼鏡が必需品、なくては生活出来ない毎日を送っています。

ド近眼なので、視訓練士学校のクラスメイトにはドキンちゃんと呼ばれていました(笑)

旦那も弱いですが近視のため、おそらくるるくんも近視になるでであろうと思っています。

 

私は適用年齢がきたら、るるくんにマイオピン治療を行おうと思っています。

(もちろん、その前にきちんと検査をして近視だったらの場合ですが・・・)

 

それは、自分が強度近視でコンタクトや眼鏡がないと生活が不便で、子供に同じような思いをさせたくないからです。

遺伝的な問題で我が子に近視がでるとしても、もしそのスピードが半分で済み、度の進行も約半分になるのであれば、私はマイオピンを使用したいと思います。

 

近視にも程度があり、一般的に-6.00以上の強度近視の場合、網膜剥離や緑内障などの病気の原因となることがあります。

もし、レーシック手術やICL手術等で見え方自体は矯正することができても、もともと近視眼の場合網膜が楕円形に伸びているので、上記のような病気になる可能性がとても高くなります。

 

マイオピンは自由診療なので、使用するもしないも自由です。

 

ただ、

『選択肢のひとつとして、マイオピン治療という小児の近視進行予防の方法があるということを、1人でも多くの人に知ってもらいたい』

 

そんな思いで、今回はこの記事を書きました。

気になる方は是非、マイオピン治療を行っている眼科医療期間に相談してみてください。ホームページに掲載している眼科医療機関も多くあるので、お近くの病院を探してみてください。

相談のみであれば、保険診療が使えるはずです。

 

私の勤務する病院では4年前から導入し、現在マイオピン治療をしているお子さんが数十名います。

(ちなみに理事長のお子さん、スタッフのお子さんの中にもマイオピン治療を行っている子がいます・・・。)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

   

 

 

ランキングに参加しています。

ぽちっと押していただけると、励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク