視能訓練士ママdiary

子育ての気づきや眼科のマ目知識を発信

【目指せ認定視能訓練士】資格取得後のステップアップ

こんにちは。

視能訓練士でワーキングマザーのぱんだこ(id:hareruyatan)です(*´*)

 

視能訓練士資格取得後のステップアップに、認定視能訓練士を目指せることをご存知ですか?

あまり知られておらず、自分自身も単位を取得するうえで分からないことが多々あったため、詳細をまとめてみました。

 

これから視能訓練士資格を取得予定の方、すでに視能訓練士でさらにスキルアップしたい方、視能訓練士資格に興味をお持ちの方の参考になれば嬉しいです♪

f:id:hareruyatan:20190712103728j:plain

 

 

視能訓練士とは

 

視能訓練士については、以前書いた記事にまとめていますのでよろしければこちらをご覧ください。

 

www.hareruyatan.work

 

 

認定視能訓練士とは

 

視能訓練士資格取得後、視能訓練士協会に入会し生涯学習教育を受け、認定基準を満たすことで認定視能訓練士になることができます。

 

具体的なスケジュールは以下の通りです。

 

 

①生涯教育制度登録&新人教育プログラム履修申請

②視能訓練士教会入会後5年以内に新人教育プログラムを修了&学会参加等により5年間に20単位以上の教会認定単位を取得。

③基礎教育プログラム履修申請

④基礎教育プログラムを申請日より10年以内に修了&学会参加等により5年間に20単位以上の教会認定単位を取得。

 

⑤その後認定基準(※1)を満たしたうえで認定申請

認定視能訓練士に!!!!

 

 

 

※1:認定基準

1)免許取得後5年以上かつ1300日以上の臨床経験があること。
  ※常勤でない場合は日数計算とする。

2)基礎教育プログラム履修申請日より起算して780日以上の臨床経験があること。

3)認定申請時に勤務していること。
※勤務先の勤務証明書の提出を必要とする。なお、勤務証明書は勤務年数に含まれる勤務先のすべてについて必要とする。

 

なかなか長い道のりですが、楽しみながらチャレンジしてます。

 

 

 

社会人から視能訓練士になった人にはおすすめ

 

社会人から視能訓練士になった方は、1年ないし2年間専門学校に通学して資格を取得した方がほとんどかと思います。

私も1年間専門学校に通い資格を取得しました。

詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

www.hareruyatan.work

 

 

しかし、1年間ではなかなかすべて学びきることは難しく、資格は取得できたものの不安に思うことやまだまだ学びきれていない点が多くあります。

 

そんな方に、生涯学習教育制度はおすすめです!!

 

おすすめポイントは大きく分けて3つ!!!

 

ポイント①

実技実習でより技術力を深めることができる

(普段聞けないような質問が出来たり、不安に思っていることを相談したりもできる)

ポイント②

日々の業務では学べない最新の情報を得ることができる

ポイント③

学会等の参加で仕事への意欲が増す

 

特に新人教育課程では、3つの分野の実技実習を行うことができ、実際の外来ですぐに役に立つ情報を学べたり、自分の検査方法等を振り返るいい機会となります。

 

 

認定視能訓練士は5年毎の更新制

 

認定視能訓練士は、5年毎の更新制となっています。

更新には以下の条件を満たし、更新申請を行う必要があります。

 

1)認定視能訓練士認定後、学会参加等により5年間に20単位以上を取得すること。
  ただし、1年間に最低0.5単位を取得すること(生涯教育単位表(手続集Ⅰ-2)参照)。

2)協会が主催する日本視能矯正学会または総会に伴う講習会(研修会)に2回以上参加し、単位に加えること。
  単位については生涯教育単位表(手続集Ⅰ-2)を基準とし、認定視能訓練士更新単位管理表(手続集)を利用し記録する。
  HPの単位状況メモ画面の協会承認済み単位一覧に反映されていることも確認する。
  学会や勉強会参加については、学会名、参加者氏名、領収書が記載されている参加証明書あるいは領収書のコピーを、
  学会発表と論文および著作については、氏名、タイトルが明記されているもののコピーを、後日送付出来るように保管しておくこと。

3)5年間で通算500日以上の臨床経験があること。
※臨床経験については勤務証明書の提出を必要とする。

 

認定視能訓練士になるメリットは?

 

認定視能訓練士になるメリットとしては、

 

・病院によっては待遇面で優遇される

 

・視能訓練士のエキスパートとして認められる

 

といった点が挙げられます。

 

待遇面では厚遇されることが多く、私の勤務先の病院では認定視能訓練士になると月に1万円の資格手当追加となります。

(もともと視能訓練士資格手当が5万円ついているのでさらに1万円追加になります。)

モチベーションアップにもつながります。

 

私の場合

 

2016年秋に視能訓練士教会に入会し、新人教育課程を履修、先日「生涯学習教育 新人教育課程の修了証」が送られてきました。

 

f:id:hareruyatan:20190712103208j:plain

 

入会から3年半でようやく新人教育が終了、やっと次のステップである基礎教育に進めます。

資格取得7年目にしてようやく新人教育終了です。

(私は資格取得、就職して3年目に視能訓練士教会に入会したので他の方より遅めの新人教育課程修了となりました。)

基礎教育の講義過程は2019年7月。受講申請しました。

今後は基礎教育終了⇒認定視能訓練士になる為に学んでいこうと思います。

周りの友人でも履修している人が多いので、講義や総会、学会等に参加すると誰かしら知り合いに会うことができます。

時々10人単位で知り合いがいたりして、軽い同窓会みたいな感じで楽しんだりしてます♪学びに行く以外にも情報共有の場としてもいい刺激になっています。

現在は年3~4回ほど、総会や学会、セミナーなどに参加しています。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

資格取得後も学べる環境があること、とてもありがたいと思っています。

何事も学び続けることで新しい発見があったり、知識を深めることができますね。

 

視能訓練士は、資格取得後もさらにステップアップが目指せる資格です。

ご興味のある方は、是非視能訓練士資格取得を検討してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ランキングに参加しています。

ぽちっと押していただけると、励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村