視能訓練士ママdiary

子育ての気づきや眼科のマ目知識を発信

【大人の片目つむりの原因は?】スマホ老眼による調節力の低下かも

おはようございます。

視能訓練士でワーキングマザーのぱんだこ(id:hareruyatan)です(*´*)

 

以前赤ちゃんの片目つむりについて記事を書いた際、

先輩はてなブロガーのたよらこさんがご質問くださり、今回大人の片目つむりについて記事を書いてみました♪

 

たよらこさんのブログはこちらです↓↓↓

(勝手にすみません・・・(>_<))

 

www.tayorako-hiraya.com

とっても素敵なお家ブログを書かれています(*'▽')♪

素敵すぎるお洒落なお家にお住いで、記事を拝見すると一軒家にあこがれます。

しかもお料理お上手で、フードプロセッサー料理は毎回参考にさせていただいています(*´▽`*)⇒フープロ料理、何度もリピートして作っています♪

こんな感じで、とても素敵なブログを運営されていらっしゃいます!!!!!

 

この記事が答えになっているかどうか分かりませんが、大人の片目つむりの症状で考えられる原因の一つとしてお読みいただけたら嬉しいです。

同じような症状でお悩みの方の参考になれば幸いです。

 

f:id:hareruyatan:20190623231015j:plain

 

 

気付くと片目を閉じている

 

スマホなど近くのものを見るとき、よく片目つむりをしてしまう・・・

両目だとなかなかピントが合わないため、見えるようについ片目を閉じてしまう・・・

 

そんな症状にお困りではありませんか?

それ、「ピント調節機能の低下」が原因かもしれません。

ピント調節機能が低下すると、ほかにもこんな症状が!!!

 

 

片目つむりと併せてこんな症状があったら注意!!!

 

・毎日5時間以上スマホ、PCを同じ距離で使用している

・物を見るときにピントが合わせづらい時がある

・ドライアイの症状がひどくなってきた

・夕方になると眼が疲れる

・眼精疲労の症状が日常的にある

 

この症状がある方、ピント調節機能が低下している可能性があります。

 

ピント調節機能の低下ってどういうこと?

 

f:id:hareruyatan:20190625004502j:plain

 

目の中で網膜にピントを合わせるカメラのレンズのような役割をしているのが「水晶体」です。

この水晶体を薄くすることにより遠方へ、厚くすることにより近方へレンズの屈折力を変化させて焦点調節しているのが「毛様体筋」です。

遠方を見るときは毛様体筋が弛緩し、水晶体が薄くなってピントを合わせます。

反対に近くを見るときには毛様体筋が収縮し、水晶体が厚くなってピントを合わせます。

しかし加齢が進むにつれ、水晶体は硬化、膨化(白内障)し、弾力性が失われ、毛様体筋が収縮しても水晶体が膨らまずピントが合いません。

毛様体筋も筋力低下に加え、水晶体の硬化による負担が増え、過緊張状態となり調節力の低下を招きます。

 

この状態を「老眼」といい、40歳くらいから徐々に始まり、60歳くらいまでに手元のピントを合わせる調節力は「0」になります。

※個人差はありますが、すべての人が調節力は年齢的な変化とともに進みます。

 

老眼が始まってくると、ピントが合いづらいために片方の目を閉じて良い方の目で見たり、これまでよりピントを合わせるために目の筋肉をより使って頑張ってみようとするため、眼精疲労やドライアイの症状が出てきます。

 

老眼なんてまだまだ関係ない話だよ~~

と思っている方!!!

 

ここ数年、スマホの長時間使用によって20~30代の若い世代でも調節力の低下が指摘されるようになってきました。

 

スマホ老眼って、ご存知ですか???

 

 

   

20~30代でも注意!!「スマホ老眼」って?

 

最近では、20~30代でもピント調節機能の低下する、「スマホ老眼」が問題視されています。

「スマホ老眼」とは、長時間スマホなどを使用し近方固視することで毛様体筋が収縮したままとなり、遠くを見るときに毛様体筋が緩まず、遠くにピントが合わない調節力の低下をいいます。

老眼が始まる前の若い世代でも見られます。

近くの一定の距離を常に見続けることで起こりますので、スマホなどの近方作業が続いたら時々遠方を見るなど、休憩を取るようにして、毛様体筋の緊張をほぐすように気を付けることが大切です。

スマホに限らず、TVゲームやPCなどの電子機器を同じ距離で長時間使用することでも同じ症状が現れます。

 

治療法

 

老眼に対する治療法としては、

・眼鏡装用(手元用、PC用など用途に合わせた距離に度数があった眼鏡)

・手術(ICL手術など)

・疲れ目の目薬の処方

 

スマホ老眼に関しては、

・眼鏡装用(手元用、PC用など用途に合わせた距離に度数があった眼鏡)

・疲れ目の目薬の処方(サンコバ点眼薬など)

 

で対応します。

 

自宅でできる対処法

 

自宅でできる簡単セルフケア方法のご紹介です。

意識して行うことで症状が緩和されますので、是非試してみてください。

 

・スマホなどの電子機器の長時間使用は避け、こまめに休憩をいれる。

⇒1時間使用したら15分ほどの休憩を入れ、遠くを眺めるようにすると良いです。

 

・ホットアイマスクやホットタオルを使用して目を温める

⇒温めることで目の周りの血流が良くなり、毛様体筋の緊張がほぐれます。

 

 

・目のぐるぐる体操を行う

⇒目の体操も疲れ目の改善に役立ちます。目をぐるぐる回したり、上下左右の方向に動かします。気持ちがいいと思える程度の回数を行うとよいでしょう。

 

・疲れ目の目薬を使用する

⇒病院ではサンコバ点眼薬などの目薬が処方されます。

薬局等で購入する場合には参天製薬の「ソフトサンティア ひとみストレッチ」がおすすめです。

 

 

・意識的に瞬きをする

⇒スマホなどの電子機器の長時間使用により、瞬きが少なくなり、ドライアイの症状が出ます。意識的に瞬きを行うことでドライアイの悪化を防ぐことが出来ます。

 

 

   

 

参考文献

 

井手武 「老視とは何か:定義と考え方」新しい眼科28 2011 P605~608

眼科ケア 2017 vl.19 P18~21 「老視を理解しよう」

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

このような症状がある方は、是非参考にしてみてください。

 

   

最後までお読みいただき有難うございました。

ランキングに参加しています。

ぽちっと押していただけると、励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村