視能訓練士ママdiary

子育ての気づきや眼科のマ目知識を発信

【朝起きたら白目が真っ赤に】その症状、結膜下出血かも

こんばんは。

視能訓練士でワーキングマザーのぱんだこ(id:hareruyatan)です(*´*)

 

先週末のこと。

はてなブロガー仲間のちょこさんから結膜下出血についてご質問いただきました。

しかも、そのことを記事にしてくださいました。

なんてうれしいこと!!!

ありがとうございます。

ちょこさんのブログはこちらです。(勝手に言及してすみません(>_<))

www.choco-happy.work

 

作業療法士と精神保健福祉士の資格をお持ちで、お仕事でのご経験や子育てに関する記事を中心に書いておられます。現在11か月の息子を育てる私にはとても参考になる記事が多く、また同じコメディカルという仕事柄参考になる記事が多く、いつも楽しく拝見させていただいています。

 

 

 

そこで今回結膜下出血について、症状や原因、治療法などの詳細をまとめてみました。

同じような症状が出た方の参考になれば幸いです。

※こちらの記事には、結膜下の出血写真が掲載されています。苦手な方はご遠慮ください。

 

   

 

結膜下出血とは

 

結膜下出血とは、脆くなった毛細血管が切れて出血した状態を言います。

症状の特徴として、目の白目部分がべったり染まります。

 

こんな感じの見た目になります。↓↓↓

f:id:hareruyatan:20190705213316j:plain

 

また、出血の範囲が広いと、このように白目全体が真っ赤に染まることもあります。↓↓↓

f:id:hareruyatan:20190705213759j:plain

 

見た目が派手なため鏡などで見るとびっくりしますが、心配な病気ではありません。

 

 

結膜って目のどの部分?

 

f:id:hareruyatan:20190705213840j:plain

結膜は眼瞼の裏側から角膜以外の眼球の表面を覆っている粘膜の部分のことです。

眼球と眼瞼をつなぎ、眼球の運動を円滑にするとともに、眼球を保護しています。

 

 

原因は?

 

原因は様々ありますが、

 

・加齢

・ストレス

・血液をサラサラにする薬やサプリメントの服用(⇒高血圧や糖尿病による治療)

・重いものを持つ

・くしゃみ

・眼を強くこする

・外傷

 

などが主な原因といわれています。

一度出血した場所が何度も同様の症状を繰り返すこともあり、思い当たる要因がなくても出血することもあります。

 

 

症状は?

 

多少ごろごろするなどの症状が出る人がいますが、基本的に痛みやかゆみなどの症状はありません。

結膜下の出血では、眼球内部に血液が入ることはなく、視力の低下も心配ありません。

 

出血の程度

 

結膜にある大小の毛細血管が切れて結膜下に出血が広がります。

小さな点状のものから、斑状、時に眼球結膜全体を覆う広範囲なものもあります。

 

 

治療法は?

 

特に特別な治療の必要はなく、7~10日前後で自然に吸収されて元に戻ります。

出血が広範囲にわたる場合には、自然吸収されるまでに2~3週間かかる場合もありますが、心配ありません。

心配な場合には抗菌剤の目薬などが処方されることがありますが、つけたからといって早く治るわけではなく、基本的にはそのまま様子を見ることが多いです。

 

 

 

出血と充血の違いは?

 

f:id:hareruyatan:20190705214003j:plain
 

出血は血管が破れて血液が出たもので、血管の走行がみえません。一方、目の充血は細い血管が拡張した状態をいいます。

 

※充血している場合には結膜炎の可能性がありますのですぐに眼科を受診してください。

参考文献

大鹿 哲郎 東京 文光堂 前眼部アトラス 「総説:前眼部の正常構造」

参照

https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hyposphagma/index2.jsp

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

結膜下出血は、見た目が派手なので鏡を見るとびっくりしたり、周りの友人や家族から指摘されたりしますよね。

結膜下は、年齢問わず誰でも出血してしまうことがあるので、出血してしまった際はぜひ参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

   

ランキングに参加しています。

ぽちっと押していただけると、励みになります。

↓↓↓

 にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村