視能訓練士ママdiary

子育ての気づきや眼科のマ目知識を発信

【飛蚊症や光視症の症状が出たら注意!】若い人にも多い網膜剥離

おはようございます。

視能訓練士でワーキングマザーのぱんだこ(id:hareruyatan)です(*´*)

 

 

皆さん、飛蚊症や光視症の症状が出たことはありませんか?

その症状、加齢などの年齢的な変化以外に、思わぬ病気が隠れている可能性があります。

先週、飛蚊症と視野欠損の症状で受診された網膜剥離の患者さんがいたので、注意喚起の意味も込めて記事にまとめました。

飛蚊症や光視症の症状がある方の参考になれば幸いです。

 

 

 

網膜剥離とは

 

f:id:hareruyatan:20190830164912g:plain

 

網膜剥離とは、何らかの原因で引っ張られた網膜に孔(穴)が開いて、この孔(穴)から眼球内の水(液化した硝子体)が網膜の下に入り込んで、網膜が剥離する病気の事です。

孔(穴)の形が裂けた形であれば裂孔、丸い形であれば円孔といいます。

網膜に裂孔(亀裂や穴)ができるときに、「飛蚊症」を自覚することがあります。また、目の前に閃光が走る「光視症」も、網膜裂孔が生じる際によく現れる現象です。

 

網膜が黄斑部まで剥がれると、視力も低下します。

黄斑部まで剥がれた場合、手術しても術後に物が歪んで見えるなどの後遺症が残ってしま事が多いため、早めに手術する方が良い場合が多いです。

時に緊急手術となることもあります。

 

網膜剥離の種類は2種類ある

 

網膜剥離には、裂孔原性網膜剥離と非裂孔原性網膜剥離の2種類があります。

 

裂孔原性網膜剥離

 

発症のピークは20歳代と50歳代にあります。

 

裂孔が生じる主な原因は、20歳代では近視眼における周辺部網膜の萎縮または外傷、50歳代では硝子体ゲルの液化による硝子体の牽引です。

網膜に裂孔が生じ、網膜下に硝子体液が入り込んで網膜が剥がれる裂孔原性網膜剥離は、一度生じると自然治癒しにくく、放置すると網膜全体が剥離して失明に至る危険性が高いので、緊急手術による網膜復位が必要となります。

 

非裂孔原性網膜剥離

 

非裂孔原性網膜剥離は、何らかの病気に続発しておこるもので、牽引性網膜剥離と滲出性網膜剥離があります。

牽引性網膜剥離は、網膜表面または硝子体に付着した増殖性組織が網膜を牽引することにより生じた網膜剥離です。

滲出性網膜剥離は、コーツ病や原田病などの滲出性疾患により、網膜と網膜色素上皮の間に網膜下液が貯留し生じた網膜剥離です。

   

 

先日緊急手術をした患者さんの話

 

f:id:hareruyatan:20190830164736j:plain


 先日網膜剥離で受診された患者さんの症状や状態詳細をまとめました。

 

60代男性。

2日前~飛蚊症の症状、鼻側の視野欠損(鼻側が黒くて見えない)という症状で眼科外来を受診しました。

 

視力も矯正視力で0,5と不良、眼底検査の結果、網膜剥離していることが分かり、大学病院へ紹介⇒そのまま入院、翌日緊急手術となりました。

 

手術前後の眼底写真とOCTの比較がこちらです↓

 

眼底写真

 

f:id:hareruyatan:20190826160855j:plain
f:id:hareruyatan:20190826160921j:plain
左:手術前 右:手術後

 

OCT

 

f:id:hareruyatan:20190826160843j:plain
f:id:hareruyatan:20190826160909j:plain
左:手術前 右:手術後

 

左:手術前 右:手術後

 

眼底写真では少々わかりにくいですが(黄斑部付近の縦の線)、OCTだと網膜色素上皮がべろっと剥がれている(左写真上より)ことが分かります。

 

術後は元の状態に戻りました。

 

この患者さんは、症状が出てからすぐに受診してくれたため、術後の回復も早く、術後は矯正視力も0,5⇒1,2まで回復しています。

 

歪みの後遺症などもなく、早めに病院を受診、手術したことが良かったようです。

 

今後は半年に1回のペースで経過観察をしていくことになっています。

 

症状

 

主に4つの症状が現れます。

※すべての症状が現れるわけではなく、個人差が大きい疾患です。

 

飛蚊症:黒い点やゴミのようなものが浮いて見えます。

 

光視症:目の中でピカピカと光って見えます。目の前に閃光がが走るような感じになります。

 

視野欠損:見えるはずのものの1部が見えなくなります。

 

視力低下:見たいものがはっきり見えなくなります。

 

 

治療法

 

網膜剥離の治療には手術が必要です。

 

網膜剥離に対する手術の原理は、裂孔の周りの網膜を眼球壁(正確には網膜色素上皮)に癒着させて、網膜下に水が入り込む隙間をなくすことです。

手術方法には、硝子体手術と強膜内陥術(強膜バックリング術)の2種類があります。

どちらの方法でも、1回で治る可能性は90%程度と言われています。

最近では、硝子体手術が増えています。

   

まとめ

 

f:id:hareruyatan:20190830164603j:plain

 

いかがでしたでしょうか?

最近急に飛蚊症の数が増えた、光視症の症状が出てきた・・・という方は、一度眼科受診をおすすめします。

急に起こる病気なので、思い当たる方はチェックしてみてください。

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。

ランキングに参加しています。

ぽちっと押していただけると、励みになります。

↓↓↓

 にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村