視能訓練士ママdiary

子育ての気づきや眼科のマ目知識を発信

まつ毛のきわにできる白いぷつぷつ、それマイボーム腺梗塞かも?

こんばんは。

視能訓練士でワーキングマザーのぱんだこ(id:hareruyatan)です(*´*)

 

まぶたのきわに白いぷつぷつが出来てしまったことはありませんか?

この症状、放置すると悪化し、炎症や角膜炎を引き起こすことがあります。

 

この記事は、若い女性に多い『マイボーム腺梗塞』について書いた記事です。

 

 

マイボーム腺とは

f:id:hareruyatan:20191125151302j:plain

まぶたの中には瞼板という板状の組織があり、この瞼板の中にマイボーム腺と呼ばれる分泌腺があります。

まつ毛の生え際の小さな点のような穴がマイボーム腺です。上まぶたに約50個、下眼瞼に約25個並んでいます。

 

f:id:hareruyatan:20191126151845j:plain

 

このマイボーム腺は、涙の表面に油の層をつくり、涙の蒸発を防ぐ働きをしています。 

マイボーム腺からは、正常では透明な分泌物がでますが、炎症が起きると黄みがかった油状の分泌物が出て、マイボーム腺の開口部がやや隆起します。

マイボーム腺が炎症をおこしたり、詰まることによって、涙液を正常な状態に保つことができず、角膜が乾燥を起こし、角膜に傷が出来る場合もあります。

 

マイボーム腺が炎症を起こすことを、マイボーム腺炎といい、マイボーム腺が詰まることを、マイボーム腺梗塞といいます。

   

 

マイボーム腺梗塞の原因は?

 

f:id:hareruyatan:20191201134829j:plain

 

マイボーム腺梗塞には、いくつかの原因があると言われています。

 

◇加齢によるもの :加齢により、油を押し出す力が弱くなる

 

◇アイメイク   :アイメイクでマイボーム腺の開口部を塞いでしまう

 

◇コンタクト装用 :装着することでマイボーム腺の開口部を塞いでしまう

 

◇まつエク装用  :装着することでマイボーム腺の開口部を塞いでしまう

 

◇体質によるもの :体質でマイボーム腺が詰まりやすい方がいる

 

◇食生活によるもの:油っぽいものが好きでよく食べている

 

これらが原因と言われています。

 

症状

 

主な症状をまとめました。

 

◇ゴロゴロする

◇目やにが出る

◇目が乾く⇒ドライアイ

◇涙が出る

◇眼の表面が痛い

◇目が疲れる⇒眼精疲労

 

 

治療法

 

治療法については、医師が問診や診断を行い、どんな脂がつまっているのか、圧出しても反応がないのかなど、患者さんごとのマイボーム腺の状態を見ながら決めていきます。

 

軽度の場合には、まぶたを温めたり、マッサージ(眼を閉じた状態でまぶたの上から指で円を描くようにマッサージ)することでかなり症状が緩和されます。

併せて点眼治療も行います。

   

周囲が腫れていたり、炎症がひどい場合には、病院でマイボーム腺圧出(マイボーム腺から油を押し出す処置)を行います↓↓

 

f:id:hareruyatan:20191125151238j:plain

 

圧出して透明でない脂が多量に出る人だと、施術後しばらくの期間はすっきりするという方が多いです。

マイボーム腺機能梗塞の治療を継続し、マイボーム腺圧出の状態がだんだんよくなってくると、圧出処置をしても痛みがなくなり、症状も改善していきます。

この治療でも改善せず、重症化する場合には摘出手術を行うこともあります。

 

まぶたの温めやマッサージ、点眼治療、圧出処置は、継続していくことが大切です。

 

 

まとめ

 

f:id:hareruyatan:20191201134832j:plain

いかがでしたでしょうか?

コンタクトレンズの使用やアイメイク、まつげエクステの装着などで、マイボーム腺梗塞の症状を訴える若い患者さんが増えてきています。

予防することで症状が緩和できる病気ですので、あてはまる症状がある方は参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

ランキングに参加しています。

ぽちっと押していただけると、励みになります。

↓↓↓
にほんブログ村

 

こちらもどうぞ↓↓

 

www.hareruyatan.work

 

 

www.hareruyatan.work