視能訓練士ママdiary

子育ての気づきや眼科のマ目知識を発信

【今年の満開の桜を見て思い出すこと】

今日の東京は晴天。

 

朝ママ友とベビーカーでお散歩をしていたら、

 

公園の桜が満開だった。

 

桜を見て、昨年の今頃のことをふと思い出した。

 



f:id:hareruyatan:20190511061056j:image

 

ちょうど昨年の今頃は、妊娠6か月。

 

大きく目立ち始めたお腹。

 

妊娠中の満員電車。

 

むくみがひどくなってきて、

 

立っての通勤は正直少ししんどかった。

 

私が利用する電車は、

 

各駅停車でも朝は満員。

 

この電車に乗って、通勤時間は40分。

 

仕方がないとはいえ、通勤はストレス。

 

今日もあの満員電車にのるのか・・・

 

40分耐えればいい、今日も乗り切ろう!!!

 

 

そんな気持ちで電車に乗ったら。

 

私の目の前の座席に座っていた

 

杖2本使いのおじいさんが立ち上がった。

 

そして、私の方を見て言った。

 

ここに座ってください

 

 

その言葉に、一瞬周りの人も驚いたようにおじいさんのことを見た。

 

おじいさんは、

 

どう見ても80歳は越えている。

 

杖を使っていて足も悪そう。

 

とてもこの満員電車の中、立っているのはしんどいだろう。

 

誰が見てもそう思ったと思う。

 

だけど、おじいさんは私に席を譲るといってくれた。

 

 

 

でも・・・

 

 

 

私が言いかけると、

 

 

子供はみんなの宝。座って。

 

と、大きな声で一言いった。

 

 

ありがとうございます。

 

 

そういって。

 

私は席を譲ってもらうことにした。

 

おじいさんは私にそれ以上は何も言わず、

 

ただにっこりと笑った。

 

なんだかとてもうれしくて、優しい出来事だった。

 

 

 

 

 

京王線沿いは桜がたくさん咲いている。

 

あの日、座らせてもらった車内から外を眺めると、

 

満開の桜が見えた。

 

その桜をみて、うれしくなった。

 



f:id:hareruyatan:20190511061219j:image


f:id:hareruyatan:20190511061331j:image

 

あれから1年。

 

今年は息子と、満開の桜を見ることができた。

 

すくすく育って、もう生後8か月になる。

 

道を歩いていたり、電車に乗ったり。

 

出先では何かと周りの人が親切にしてくれる。

 

子育ては1人では出来ない。

 

いろんな人に助けて支えてもらってる。

 

ありがたい。

 

名前も知らない人だけれど。

 

一度しか会うことはないかもしれないけれど。

 

でも

 

いろんな人の優しさに触れて、

 

息子は元気に成長できてるんだな。

 

改めてそう思った。

 

 

 

満開の桜。

 

今日は桜をみて、この出来事を思い出した。

 

桜には、やさしい気持ちを思い出させてくれるような、そんな力がある気がした。

 

 

最後までおよみいただきありがとうございました。

今日も、素敵な1日でありますように。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックいただけると、励みになります。

↓↓↓ 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村