視能訓練士ママdiary

子育ての気づきや眼科のマ目知識を発信

【赤ちゃんがバンザイポーズで寝る理由と期間】

【最終更新日:2019年5月6日】

 

こんにちは。

視能訓練士でワーキングマザーのぱんだこ(id:hareruyatan)です(*´*)

 

さて、突然ですが、赤ちゃんのバンザイポーズってかわいいですよね。

我が家の生後6か月の息子るるくんも、よくバンザイポーズで寝ていました。

ところが最近急にバンザイポーズで寝なくなってしまったのです( ;∀;)

 

 

いつからバンザイポーズで寝なくなったんだろう・・・

赤ちゃんはいつまでバンザイポーズをするんだろう・・・

そもそも何故バンザイポーズで寝るんだろう・・・

気になったので、調べてみました。

 

・赤ちゃんのバンザイポーズが好き

・新生児の赤ちゃんを子育て中

・赤ちゃんがバンザイポーズをしなくなってしまった

 

 

という方に是非読んで欲しい記事です♪

 

 

 

f:id:hareruyatan:20190506065535j:plain

赤ちゃんは何故バンザイポーズで寝るのか?

 

 

赤ちゃんがバンザイポーズで寝る理由は、2つあります。

 

体温調節のため


赤ちゃんは、大人のようにうまく体温調節をすることができないため、バンザイポーズをします。

大人のように、着るもので暑さを調節したり、汗をかいたり毛穴の機能などで体温調節ができません。にも関わらず、体温は大人と比べて0.5~1.0度高くなっています。

そのため、赤ちゃんは身体の中にこもった熱を、手のひらから外にだそうとします。

手のひらが温度センサーのような役割を果たして、赤ちゃんの身体の熱をうまく放出して温度調節をしています。

手から熱を放出してるんですね。

 

冬場は手が外にでていると心配になるかもしれませんが、赤ちゃんにとってはそのポーズが温度センサーが働く気持ちのよいポーズなので、そのままの姿が安心します。

無理に布団の中に入れなくて大丈夫です。

 

安心して力が抜けているから

 

大人も子供も、バンザイポーズは楽な姿勢のようです。

安心して力が抜けると、自然とバンザイになります。

居心地がいい場所にいたり、パパやママがいて安心しきっていると、バンザイポーズになってるのかもしれません。

ちなみに、全身の力が抜けると足もがに股になってしまうみたいです。

 

この他にも、内臓の働きを妨げないためとか、体内にいたとき丸くなっていて窮屈だった反動で手足を広げたい、等所説ありますが、この2つが有力のようです。

 

手が冷えていても大丈夫?

 

手が冷えていても、背中、首裏が暖かければ問題ないです。

ただ、背中や首裏が冷えている場合には、もう一枚多く服を着せたり、部屋の温度を上げるなどして、赤ちゃんが冷えない工夫が必要です。

(あまり着せすぎるとあせもになったりするので、部屋の温度調節をするのがオススメです)

   

バンザイポーズはいつまで?

 

かなり個人差があるようで、生後半年でやめる子もいれば、3歳くらいまでバンザイポーズで寝る子もいるようです。

(個人的には、3歳くらいまでやってほしかったです笑)

 

中にはバンザイポーズをしない子も

 

中には、バンザイポーズをしない赤ちゃんもいるようです。

その子の性格、住む地域等によっても個人差がかなりあるようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

息子るるくんは本当によく泣く赤ちゃんだったので、産まれてから数ヶ月は、バンザイポーズの意味を考えたこともありませんでした。

特にスリング、まん丸ねんね、おひな巻きの存在を知らなかった時は、毎日どうやったら寝てくれるのか、途方にくれていたので、バンザイポーズを楽しむ余裕がありませんでした(笑)

今思えば、もっと写真をとっておけばよかったです・・・

 

息子はバンザイポーズをしなくなってしまったのでちょっと寂しい気もしますが、

子供は日々成長していくんだなーと実感して、嬉しい気持ちになりました。

 

赤ちゃんを子育て中のママは、かわいいバンザイポーズを、是非記録としてたくさん残しておいてくださいね♪

最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

   

 

ランキングに参加しています。

ぽちっと押していただけると、励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 

 

 スポンサーリンク